代表的な痩せる薬である「ゼニカル」

ゼニカルは、100年以上の歴史と伝統を誇る製薬会社で開発された痩せる薬です。
肥満患者を対象に長期間にわたる治験を行った結果、ダイエット効果の高さ、安全性がともに実証されています。
そのため、日本では女性を中心に簡単に痩せることができる薬として非常に注目されています。

ゼニカルで痩せることができる一番の理由は、薬の主成分であるオルリスタットの働きによるものです。
オルリスタットには、食事に含まれる脂質の分解を行う消化酵素の働きを阻害する働きがあります。
つまり、脂質の分解がなされないため、そのまま体外に便と一緒に排出されていくというわけです。
体脂肪の原因となる脂質がおよそ30パーセントもカットされることから、ストレスを感じずに痩身効果が得られるということです。

ゼニカルを服用する最大のメリットは、最も燃焼しにくいとされる脂質のみに効果を発揮することです。
人間が生きていく上で必要な糖質やタンパク質などの栄養素は、全く排出されることなく、きちんと体に吸収されていきます。
太る原因となる脂質だけが排出されるので、すごく健康的に痩せることができるということです。

さらに、ゼニカルによるダイエットでは、これまでの食生活を全く変えることなく、スムーズに痩せられることも利点です。
通常のダイエットの場合、食事を我慢して多大なストレスを感じることが多く、その反動から過食が引き起こされてリバウンドをしてしまうリスクが高いです。
その点、ゼニカルは食事を我慢する必要がないので、楽にダイエットが行えるというわけです。

さらに、ゼニカルでは、排出された体脂肪分を排便時にきちんとチェックする事ができます。
つまり、目で薬の効果を実感することが可能なので、ダイエットのモチベーションにも繋がるということです。
とても楽に痩せることができる薬なので、これまでずっとダイエットで挫折してきた方にとって試してみる価値が高い薬といえます。

ゼニカルは脾臓への負担が少ない

ゼニカルとは、脾臓に含まれる消化酵素「リパーゼ」の働きを抑えることで、食事で摂った脂肪をそのまま体外に排出させる作用があります。
余分な脂質が体に吸収されないことから、通常のダイエットと比べて、簡単に痩せることが可能になります。

ただ脾臓に含まれる消化酵素に作用することから、脾臓に大きな負担となるのではと心配される方は多いです。
単刀直入にいうと、ゼニカルの成分は摂取した脂質を脂肪酸に分解するリパーゼを抑えるだけなので、大きな負担とはならないです。
もちろん健康を害する副作用もないので、安心して服用できます。

ただゼニカルは、ビタミンなどの脂肪と融合しやすい栄養素も一緒に体外に排出してしまいます。
したがって、摂取する上で体内のビタミン不足には気を付けなければいけません。
肌荒れ、免疫力が低下するなどの症状が起こりやすくなるので、市販のビタミンのサプリメントを常時飲む必要があります。

その他にも、ゼニカルは脂肪を便と一緒に排出する仕組みであるため、飲み始めの際はお腹が非常にゆるくなりやすいです。
予期せぬうちにもらしてしまうこともあるので、仕事をしている方は注意が必要です。
服用してから時間が経過するごとに徐々に症状は軽減していきますが、個人によって下痢に悩まされる期間は異なります。
短い場合で1週間、長い場合で4週間、中には数か月にわたって続く場合もあります。
したがって、下痢の症状が落ち着くまではナプキンなどで対策を行なう必要があります。

ゼニカルは副作用も少なく、効果が高いことから、非常に需要が高いダイエット薬です。
しかし、安全に確実に効果を得るには、飲み方、副作用をしっかり理解して医師の処方のもとに服用する必要があります。